福岡の大きな祭って?博多祇園山笠の楽しみ方!

スポンサーリンク
福岡観光情報

こんにちは。kayoです。

福岡の大きな祭って?博多祇園山笠を知って、山笠に馴染みの無い方も楽しみましょう!

博多祇園山笠とは?

仁治2(1241)年を起源とする祭で、国指定重要無形民俗文化財に指定されております。
毎年7月1日の飾り山笠公開から15日早朝の追い山まで、福岡の博多部を中心に行われます。

博多祇園山笠のスケジュール

7月 1日~7月15日未明 飾り山笠公開
7月 9日 全流お汐井とり
7月10日 流舁き
7月11日 朝山笠・他流舁き
7月12日 追い山笠ならし
7月13日 集団山見せ
7月14日 流舁き
7月15日 追い山笠


博多祇園山笠の内容


7月 1日~7月15日未明 飾り山笠公開

櫛田神社に向いた面を「表」、その裏側を「見送り」と呼び、それぞれの題材を博多人形師の絢爛豪華な人形で飾っていますので、この期間にいろんな飾り山笠を見て回るのも魅力です。

7月 9日 全流お汐井とり

1日には各流(ながれ)の当番町のみがお汐井(しおい)とりを行いますが、この日は各流の舁き手がそろうので圧巻です。
水法被に締め込み姿の集団が「おっしょい!!」「おっしょい!!」とお汐井道を駆けます。
一番山笠が石堂橋を午後5時半に渡り、その後、各流が順に石堂橋を渡って、午後6時から7時過ぎにかけて箱崎浜に到着します。沈む夕日に拍手を打って安全を祈願し、清めのお汐井(海砂)を竹製のテボや升などに入れて持ち帰りますます。

7月10日 流舁き

いよいよ舁き山が動き始めます。各流がそれぞれの流区域内を舁き回ることからこの名があります。
観光客にとっては、ゆっくりと見学できるチャンスでもあります。

7月11日 朝山笠・他流舁き

朝山笠(早朝)…祝儀山ともいい、町総代、旧役員ら山笠の功労者を招いてもてなします。招かれた総代らは帷子(かたびら)に角帯を締めて出席し、台上がりは半纏を着用するのが習わしです。
他流舁き(夕方)※千代流、大黒流、東流、中洲流のみ
…これまで、流区域を舁いていた山笠が区域外に出ることです。期間中で1日に2回舁くのはこの日だけです。

7月12日 追い山笠ならし

15日に行われる「追い山笠」のリハーサルです。一番山笠から順次「櫛田入り」して、奈良屋町角の廻り止めまでの「追い山笠ならしコース」約4キロを全力で舁きます。

7月13日 集団山見せ

商人町・博多で生まれた山笠が唯一、城下町・福岡に舁き入れる行事です。福岡市の「観光客のために」という要請で始まりました。

7月14日 流舁き

流区域内を舁くのは今日が最後です。最終日の「追い山」に向けての最終調整を兼ねていますが、「追い山笠」では慣れた若手やベテランが交代で山笠に付くため、未熟な舁き手にとって、その年、山笠が舁ける最後のチャンスです。

7月15日 追い山笠

博多祇園山笠もいよいよクライマックスです。
未明から7本の山笠が順次、集合し、大勢の舁き手が続々と詰めかけます。
午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠が一斉に櫛田入りし、清道旗を回ったところで、いったん止まり、「博多祝い唄」を大合唱します。再び舁き出した山笠は、夜明けの博多の街に駆けだしていきます。
次に二番山笠が午前5時5分に舁き出し、5分ごとに次々と各流が舁き出します。
約5キロを約30分かけて懸命に舁き、「櫛田入り」「コース」ともに所要時間が計測されます。

博多祇園山笠の見どころは?

もちろん最終日の追い山笠ではないでしょうか。早朝からのあの大迫力はたまりません。
そんな朝早くから現地に行けないよーって方もご安心下さい。
毎年テレビ中継もありますので、家でゆっくり堪能することも可能です。

そしておすすめは、飾り山笠見物!福岡各所にいろんな飾り山笠が展示されているのですが、キャラクターだったりお子様からご年配の方まで楽しめます。

 

毎年いろんな感動をくれる博多祇園山笠。

約2週間、山笠に触れる事が出来ますので、色んな楽しみを見つけることが出来るかと思います!

 

コメント