【おもちゃレンタル】話題の3社を徹底比較!【メリット・デメリット】

スポンサーリンク
トレンド

【おもちゃレンタル】話題の3社を徹底比較!【メリット・デメリット】

最近「定額制知育玩具のレンタルサービス」が話題になっています。

私も3人子育て中なので「おもちゃのレンタルってどうなの?」って思ったので、いろいろメリット・デメリット、料金など大手3社を比較してみました。

気になっている方結構いらっしゃると思うんですよね。

気になっている方の背中を押せたらと思います。

【おもちゃレンタル】話題の3社を徹底比較!

今回おもちゃのレンタル会社として、

上記3社を比較していきます!

各社、約15000円のおもちゃを約3000円にてレンタルできます。

毎月おもちゃを買うよりもコスパが良いですよね♪

トイサブ! TOYBOX キッズ・ラボラトリー
月額料金 3、340円 ①2、980円

②3,140円

①2,980円

②3,980円

プラン数
送料 0円 0円 1,000円(受取時)
届くおもちゃの数 6個 4~6個 ①2~4個

②3~5個

交換周期 2か月 2か月 ①2か月

②1か月

対象年齢 3か月~3歳 3か月~4歳 3か月~8歳
メリット トイサブ界で独占中

口コミ多数

コスパ良し!

 

幅広い対象年齢

1か月ごとでもOK

デメリット プランが1つ まだ口コミが少ない コストが少々高い

 

それではそれぞれのレンタル会社を詳しくみていきましょう!

トイサブ!

トイサブ!は、継続率97%のおもちゃレンタル会社では一番の実績ではないでしょうか。

多くのメディアでも紹介され安心して利用できる会社です。

外出自粛が続く中で、結構テレビで見かけたことがある方が多いのではないでしょうか。

全国統一料金というのも安心ポイントですね。

紹介されたメディアめざましテレビ、ワールドビジネスサテライト、NHK、日本経済新聞など

 

TOYBOX

TOYBOXの特徴は、担当の保育士がつき、メールやLINEでおもちゃに関するリクエストをきめ細かく相談できます。

これはかなり助かりますね。

交換時に要望を言おうと思っていても忘れることがあるし、担当さんがつくことで毎回一から説明する手間が省けますね。

担当さんがつくことにより、希望をすぐ伝えることができるので次回返却時に伝えるよりもちゃんと伝えることができるので安心して利用でできます。

 

そして一番気になるのが、レンタルに対しての衛生面です。

TOYBOXでは、提携の調剤薬局の薬剤師が消毒工程を監修しているので、安心して使うことができます。

 

どの会社も消毒にはかなり気を付けているので安心して使えます。

でも調剤薬局の薬剤師が消毒工程を監修しているので、さらに安心できますね。

 

キッズ・ラボラトリー


KIDS LABORATORYの特徴は、1日99円でおもちゃが期限なしで使い放題というところです。

そして対応が生後3ヵ月~8歳まで対応と幅広いで、兄弟全員楽しく遊べますね。

(他社は3歳までなど対応年齢が狭いところがあります。)

まだ小学校低学年までおもちゃで遊びたいので、兄弟でけんかせずにそれぞれに合ったおもちゃで遊ぶことができます。

【おもちゃレンタル】メリット・デメリット

おもちゃレンタルと購入する場合のメリット・デメリットを出してみます。

デメリットもあるけど、今の時代にはおもちゃを借りることのメリットが多いのではないでしょうか…!

おもちゃレンタル【メリット】

子供に適したおもちゃで遊べる

子供におもちゃ買うときってどれが良いのか悩みますよね。

結構高価なものが多いので失敗はしたくないけど、実際購入して遊び始めないとわからないし…。

実際私もおもちゃを買ったのに、全然子供が遊ばなかったということが何度かあります・・・

 

おもちゃレンタルだと、そんな心配もないし、自分では普段買わないような種類も遊ぶことができるので、幅が広がりますよね。

 

交換制なので部屋が散らからない

おもちゃって成長していくにつれ、どんどん増えて部屋を占領しますよね。

捨てるには勿体ないけど、片付けるのも一苦労・・・

 

でもおもちゃレンタルなら、溜まっていくことがなく新しいおもちゃで遊べるので、部屋も綺麗に保てるし、引っ越しがあっても怖くありません!

消毒が徹底している

自分の家のおもちゃってすべて消毒を定期的には出来ないので、結構汚れていたりしますよね。

友達が遊びに来るときに慌てて消毒したり…。

 

おもちゃレンタルなら、徹底的に消毒されたものが届くので交換まで安心して遊ぶことができます。

 

おもちゃレンタル【デメリット】

交換の手間がかかる

返品時など箱詰めがあるので、少し面倒に感じるかもしれません。

返品用の伝票がついてきたりするので、梱包は最小限で済むので慣れてしまえばそんなに苦痛ではありません。

 

新品が良い方には合わない

「子供が使うものだから新品が良い!」

という方いらっしゃいますよね。

私もやはり衛生面を考えると新品派なんですよね…。

 

ただ今回調べて感じたのが、各社「徹底した消毒の実施」を行っています。

新品派だった私ですが、今回でかなり消毒面に関して考えが変わりました!

 

毎月(隔月)でおもちゃ代がかかる

購入だと一回で払い終わったり、おもちゃを毎月買ったりしないことが多いですが、おもちゃレンタルだと固定費としておもちゃ代がかかってきます。

でも約15000円のおもちゃが月3000円で借りることができるので、出費としてはレンタルのほうがかなり安く抑えられます。

 

まとめ

各社それぞれ似た感じではありますが、細かいところが違いますよね。

対象年齢だったり、コスパ重視したりなど…

ご自身に合った「定額制知育玩具のレンタルサービス」利用してみてくださいね♪

コメント